院長あいさつ

西條クリニック院長の西條 朋行(さいじょう ともゆき)と申します。新宿にて、平成23年4月からメンタルクリニック(精神科・心療内科)を開設しております。私は、医学部を卒業後、精神科を希望しておりましたが、まずはプライマリ・ケアに対応できるよう、武蔵野赤十字病院のレジデントとして医師生活をスタートさせました。

その後、東京医科歯科大学精神神経医学教室へ入局いたしました。都立松沢病院、浅井病院などで臨床に従事した後、2005年~2007年までは、スウェーデン・カロリンスカ研究所にて客員研究員としてPETを用いた脳のレセプターイメージングの研究に従事いたしました。 また、2002年より東京藝術大学との共同プロジェクト「Epoch-making」に参加し、病院側のコーディネーターをつとめ、「医療」とりわけ精神科医療をめぐる社会とのあり方を模索しております。

epoch-making|地域精神医療と芸術表現
CafeTalk63 西條朋行+川俣正
通電治療法の抗うつ効果 ドーパミン受容体が減少 -難治性うつ病治療における通電治療法の役割解明へ-※この論文はロンドンのThe Royal College of PsychiatristsのThe ECT Handbook 3rd editionに引用されました。

医療面接とは、対人関係の最小単位であり、相互の啓発を可能とすべきものであると考えています。当院では、優秀でやる気のあるスタッフと共に、医療面接の技芸(アート)を追求することにより、精神疾患に悩む患者様に少しでも良質なサポートが出来るように心がけると同時に、我々自身も、謙虚かつ貪欲に、「病の意味」を学び続けていく所存です。

1994年 徳島大学医学部卒業
1996年 武蔵野赤十字病院レジデント(スーパーローテート)修了
2000年 東京医科歯科大学大学院卒業(放射線医学総合研究所にて研究に従事)
同時期から、東京医科歯科大学付属病院、都立松沢病院、浅井病院、
日本医科大学付属病院に精神科臨床医として順次勤務。
2003年 東京芸術大学美術学部 先端芸術表現科 非常勤講師
2005年 スウェーデン・カロリンスカ研究所 客員研究員
2007年 日本医科大学付属病院精神神経科 病棟医長
東京芸術大学大学院映像研究科 研究員
2010年 日本医科大学付属病院精神神経医学教室 講師
2011年 西條クリニック 院長
東京芸術大学大学院映像研究科 メディア映像専攻 非常勤講師
日本医科大学付属病院精神神経医学教室 非常勤講師

精神保健指定医、日本医師会認定産業医、精神神経学会認定専門医
東京医科歯科大学附属病院、武蔵野赤十字病院、大森赤十字病院、国立国際医療研究センター病院連携医

院長あいさつ